ビジネスモデル-インフルエンスダイアグラムとは

ビジネスモデルとは、事業ドメインを具現化して収益を上げることの出来るモデルである。
このモデルはバランス スコアカードを用いて作成された経営施策がビジネスを遂行する上で有効に機能して初めて事業としてのビジネスモデルが出来上ることになる。そのためには、“策定した経営施策が顧客や事業要素にどんな影響を与えて売上や利益を増大させることが出来るのか”を見極める必要が出てくる。
そのための手法として、「インフルエンスダイアグラム」がある。

(1)インフルエンスダイアグラムとは
インフルエンスダイアグラムはその名の通り、経営施策に対する影響(=インフルエンス)を推測し、利益や売上といった事業価値に繋がることを図表として記述し、シミュレーションする手法である。
ビジネスモデルの図表化のためには事業活動に関係する下記の4つの要因を使って記述する。

◆事業価値要因:当該事業が最終的に享受する価値である利益や売上を表す要因で、このダイアグラムの開始点であり、終着点になる。この事業価値があるから、経営施策としての事業投資が出来るのであり、また事業はこの価値を増大させることを意味する要因である。
◆意思決定要因:当該事業で実施すべき投資や施策であり、経営者の意思決定事項であることから意思決定要因という。

◆コアコンピタンス要因:当該事業を実施する上において活用できる現在有しているコアコンピタンス要因である。

◆変動要素:意思決定やコアコンピタンスによって顧客や自社の事業に与える影響(=インフルエンス)要因である。
以上4つの要因を用いて、ビジネスモデルを図表化することになる。