入退室管理細則

入退室管理細則

第1章 総則

(目的)

第1条 本細則は、施設内の特定管理領域(本細則では「室」という。)に対する無許可者によるアクセス、損傷及び妨害を防止するため、適正な入退室管理により室内を保護することを目的とする。

② 本細則に規定されていない事項については、「入退館管理規程」に従うものとする。

(適用範囲)

第2条 本細則は、当社の施設(本社、支店、事業所、営業所等)内に設けられた「室」へ入退する、すべての役員、従業員(一般社員、嘱託社員、パートタイマー、アルバイト、協力会社社員、及び派遣会社社員等)に対して適用する。

(定義)

第3条 本細則で用いる主たる用語の定義は次のとおりとする。

施設 本細則では、主として建物を指す。
施設内に特別に設けられた管理領域であり、物理的に遮蔽されている空間をいう。
入退室管理 施設内に特別に定められた室内等への入退室管理。
入退室管理者 個人情報保護管理者の任命により、入退室管理の実務全般を実施する者。

第2章 入退室の管理

(管理対象の決定)

第4条 個人情報保護管理者は、入退室の管理対象を決定する。

(入室者の登録)

第5条 個人情報保護管理者は、管轄する「室」ごとに入室許可者を特定し事前に登録する。

② 各種機器及び設備等の納入・故障等の特別の理由がある場合に限り、登録者以外の入室を許可する。

(入退室管理者)

第6条 個人情報保護管理者は、管轄する「室」ごとに入退室管理者を任命することができる。

② 入退室管理者は、次の業務を行う。

1.登録者への入退室時に必要な個人照合用カード等の発行・管理。

2.室の施錠管理の実施。

3.入退室者の記録の管理。

4.室内への持込み品、持出し品の管理。

5.その他個人情報保護管理者が指示した業務。

(入退室者の記録)

第7条 個人認証施設により、個人単位の入退室記録が収集できない場合には、別途、入退室記録簿を作成し記録する。

② 入退室記録簿には、次の事項を記録する。

1.氏名、所属部署

2.入室日付及び時刻

3.退室日付及び時刻

4.入室目的

5.照明、施錠等の確認(最終退室の場合)

附則

平成  年  月  日 施行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする