個人情報保護教育規程

個人情報保護教育規程

第1章 総則

(目 的)

第1条 本規程は、全社員の個人情報保護の遵守に資するべく、社員教育訓練を計画的、かつ効果的に実施するための必要な事項を定める。

(適用範囲)

第2条 本規程における教育の適用範囲は、雇用関係にある従業員(正社員、契約社員、嘱託社員、パート社員、アルバイト社員等)、役員及び派遣社員も含むものとする。

(教育訓練内容)

第3条 教育訓練の内容は、次のとおりとする。

1.個人情報保護についての関係法令及び社内規程等に基づく実務研修

第2章 教育訓練

(教育責任者)

第4条 教育責任者は、個人情報保護管理者があたり、教育訓練の企画・立案を統括する。

(教育責任者の役割)

第5条 教育責任者は次の業務を実施する。

1.年度の教育計画の立案

2.教育実施及び実施結果の評価

3.教育実施状況の関連部署への報告

(教育担当者)

第6条 教育責任者は、自らの業務の補助者として、教育担当スタッフを任命することができる。

② 教育担当スタッフは次の事項を実施する。

1.教育訓練に関する諸規程、制度、計画等の原案作成

2.教育訓練の実施に関する推進、調整、援助

3.講師の養成並びに委嘱に関する立案

4.教育訓練に必要な資材・資料の作成、調達に関する立案

5.その他教育訓練に関する運営事務

(教育計画)

第7条 教育責任者は、年度開始前までに年間教育計画を作成し「個人情報保護推進委員会」で承認を得るとともに、教育に関する諸行事を推進しなければならない。

(教育予定)

第8条 教育担当者は、教育目的を明らかにし、教育を効果的に実施するため、教育計画書を作成し、教育責任者の承認を得なければならない。

(実施報告)

第9条 教育担当者は、教育訓練実施後、教育実施報告書を教育責任者に提出しなければならない。

② 教育実施報告書には、次の事項を記載しなければならない。

1.教育、訓練名及び内容

2.実施年月日

3.対象者、人数

4.教育、訓練時間

5.講師名

6.参加者、欠席者

7.受講欠席者へのフォローアップ対応

第3章 その他

(規程の改廃)

第10条 本規程の改廃は、教育責任者の起案により、代表取締役社長の承認を得て行う。

附則

平成  年  月  日 施行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする