機密情報保持誓約書

機密情報保持誓約書

甲           住所:〒000-0000

商号:○○○○株式会社

代表 ○○ 一郎

乙           住所:〒000-0000

氏名:△△ 二郎

私、乙は、貴社に就業するにあたり、下記機密情報保持の規程に同意し、遵守することを誓います。

平成○○年○○月○○日

署名:                                   印

(機密情報)

第1条     本誓約において、「機密情報」とは、営業秘密や個人情報、その他所定の業務において知りえた情報のすべてを含む外形的情報、内容的情報を指す。

(機密保持)

第2条     乙は、本業務に関連して知りえた業務上の機密情報を業務上の必要な範囲を超えて保持してはならず、また、第三者に意図的な開示や過失による漏えいをしてはならない。開示・漏えいとは、口頭での伝達、情報が記録された書類・デジタル媒体を開示または移転することを指す。

(機密情報の管理)

第3条     機密情報は、物理的、電子的セキュリティへの配慮をしなければならない。

2     機密情報の記録が破損することに対してバックアップをとるなど何らかの防衛策をとっていなければならない。

3     機密情報は、改造・変造されないように、厳重に管理しなければならない。

4     業務上の書類、電子的記録は持ち帰ってはならない。特段の事情により持ち帰る必要性がある場合には、所属長の許可を得ることとする。

(機密情報の複写)

第4条     書類のコピーやデジタルデータのコピーは所属長の承諾の下で、業務上必要最低限にとどめるものとする。

2     やむを得ず複写を行った際には、必要がなくなった時点で適切に廃棄し、所属長に廃棄の報告をすることとする。

3     いかなる場合であっても、複製物は持ち帰ってはならない。

(業務終了と機密情報の返還)

第5条     業務が終了した後には、利用した情報は所定の場所に戻し、保有している情報および複製物のうち不必要なものはただちに廃棄すること。

(損害賠償)

第6条     乙が本誓約の定めに違反した場合、甲は乙に対して、違反を是正するために必要な措置をとることができる。

2     故意または過失により本誓約に反し、それにより甲が損害を被った場合には、乙は甲に対して賠償の責任を負う。

3     故意または過失により本誓約に反し、それにより甲が損害を被った場合には、就業規則により、懲戒処分等の罰則を受けることがある。

(退社後の機密保持)

第7条     退社後も就業中に知りえた機密情報を第三者に開示・漏えいしてはならない。

2    就業中に知りえた機密情報もしくは、ノウハウその他の機密情報を基に競合的あるいは競業的行為を行わない。

(補足)

第8条     ○○○○株式会社就業規則第○○章第××条機密保持義務についても参照すること。

以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする