キャッシュフロー分析-2

前回はキャッシュフロー分析での短期資金計画を取り上げました。

 今回は、キャッシュフロー分析でのもう一方の資金計画である中期資金計画を取り上げます。

 中期の資金計画はB/S(Balance Sheet:貸借対照表)を用いて年度別の正味運転資金の資金繰りの計画です。そのために、まずB/Sの見方を整理しておこうと思います。

(1)P/LとB/Lの関係
 企業の営業活動の成果は期末に作成されるP/L(Profit&Loss:損益計算書)によって、売上、経費、利益として把握されます。このP/L二反映される活動は売上を上げ、利益を上げていく活動であり、最終的に企業の財産(キャッシュに換算できる持ち物)を増やす活動と言えます。この財産が増えた状態は期末にP/Lの利益分としてB/Sの資産という財産の増加として表示されることになります。

(2)B/Sは財産状態を表す
 貸借対象表には3つの財産状態が表されています。
 企業が所有しているものの中で現金や預金で代表される“お金”、商品や固定資産で代表される“もの”、売掛金や受取手形などの“債権(お金回収の権利)”といった「資産」、商品の仕入や銀行からの借入金など相手にお金を支払う義務(債務)がある「負債」、株券発行による資本金や利益に代表される利益剰余金で構成される自分のお金である「資本」があります。

(3)正味運転資金とは
 中期資金計画ではこの財産状態を用いて正味運転資金を捉えます。
 正味運転資金とは自由に営業活動に使用できる余裕資金であり、正味運転資金=流動資産-流動負債 で表します。
 ここでいう「流動資産」とは商品の販売や現金回収の権利を行使することにより“1年以内に現金化できる資産”をいいます。たとえば、現金、預金、売掛金、商品などの資産がこれに該当します。
 一方、「流動負債」は商品の仕入れや支払い義務を実施することで“1年以内に支払
 いが発生する負債”を言います。たとえば、買掛金、借入金などの負債がそれに当たります。
 正味運転資金はこれらの資産と負債の差ですから、その差がプラスになるとすると、1年の現金収支ではそのプラス分だけ資金余裕が出たことを表していることになります。

 すなわち、正味運転資金が増大するということは経営活動における資金繰りを豊かにして行くことですから、“不渡り”という倒産要因も減少することになります。
 中期の資金計画は中期目標に対する営業活動の成果であるP/Lから予定される各年度のB/Sを作成し、正味運転資金がプラスになるように計画することで、計画が出来上がります。
 この正味運転資金の余裕度を見るのに「流動比率」を使用します。
 流動比率は流動比率=(流動資産/流動負債)*100で表され、流動負債に対する流動資産の倍率を見ています。
 一般に、流動比率は120%以上が望ましく、すなわち20%回収が減少しても資金の辻褄の合う状態であり、健全な企業活動を営むのに必要な資金的な余裕度といわれています。
 資金繰りに関して述べてきました。キャッシュの重要性はお分かりになったと思います。
  
今回はキャッシュフロー分析での中期資金計画を取り上げました。
次回は、キャッシュフロー分析での投資対効果の算定法の1つであるDCF法(Discount Cash Flow:ディスカウントキャッシュフロー)を「キャッシュフロー分析-3」で取り上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする