WBS-その2

 前回はPMBOKの「プロジェクトスコープマネジメント」の知識エリアの手法で
 ある“機能WBS”を取り上げました。そこで、今回は、この機能WBSと対で論じ
 られる「プロジェクトタイムマネジメント」の知識エリアの手法である“作業WB
 S”を取り上げます。
 作業WBSはプロジェクトを作業の観点で展開して、作業の定義をする手法です。
 PMBOKでは作業の展開レベルに名称をつけています。最上位を「プロジェクト」
 としますと第1次の展開レベルを「工程」、次の下位レベルを「アクティビティー」、
 さらにその下位を「タスク」という具合です。
 この作業レベルWBAを一般的な業務のシステムかの作り込みシステム手法である
 ウォータフォール型の開発ステップを例にとってご説明してみましょう。

(1)作業WBSの言葉の定義
 「工程」には“計画”、“要件定義”、“基本設計”、“詳細設計”、“開発・テス
 ト”、“移行”といった各フェーズが該当します。
 「アクティビティー」は「工程」の下位層の活動です。基本設計の工程を例に取り
 ますと、その下位のアクティビティには“工程の計画”、“システムの機能仕様の作
 成”、“適用業務フローの作成”、“入出力仕様の設計”、“データファイルの論理
 設計”等などがあります。
 アクティビティの下位レベルの「タスク」は“作業”と訳します。PMBOKでは
 タスクを最小単位の成果物を作成する作業としています。
 たとえば、アクティビティーの“データ論理ファイルの設計”をタスクへ展開します
 と“データファイルの論理関係定義”や“データファイルの論理構造定義”、“デー
 タベースのセグメント定義”などが定義されます。
 このタスクレベルでは具体的な「データファイルの論理関係定義書」、「データファ
 イルの論理構造定義書」、「データベースのセグメント定義書」といった成果物が作
 成されるのですから、その作成工数を見積もることが出来ます。
 この工数を的確に掴み、見積り積み上げることでプロジェクトの全体工数が把握でき
 ます。
 このタスクの工数の捉え方にPMBOKではCA(=Cost Account:
 予算単位)という言葉があります。
 “さて、CAとは何でしょう。”

(2)CAとは
 CAとはCost Account、予算単位です。言い換えますと、予算を管理
 したい成果物の作業単位です。
 作業単位ですから、この作業単位を新人を割り当てる場合とベテランを割り当てる
 場合とで大きく工数は変化します。先にあげた成果物である「データファイルの論理
 関係定義書」を例にとってみますと、
 新人ですとこの定義書を作成する前に“論理DB研修受講”、“先輩の指導・レビュ
 ー”などの事前作業があって初めて、与えられた定義書を作成できるようになりま
 す。
 すなわち、新人ではCAを見積もるには3ステップの作業とその工数が必要になりま
 す。このCAを成し遂げるための作業をPMBOKではWP(=WorkPacka
 ge:成果物のための最小作業単位)と言います。
 作業WBSの作業展開はプロジェクトマネジャーとして管理したい単位ですからCA
 として括った成果物までとなり、このWPは日常の管理をするグループ長とメンバー
 との管理対象とPMBOKでは定義しています。
 このCAが作業のスケジュールやコストの予実管理に用いられます。
 このタスクレベルの作業には作業の前後関係があります。この前後関係に作業期間を
 捉えてプロジェクトスケジュールが出来上がることになります。

 第68回はここで終了します。「プロジェクトタイムマネジメント」の知識エリアの
 手法である“作業WBS”を取り上げました。
 次回は、同じく「プロジェクトタイムマネジメント」の知識エリアの手法である
 “PERT/CPM”を取り上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする