IT戦略企画書

山田氏:さて、来週の経営会議に向けて、IT戦略企画書と整理したいのだが、
     どこからはじめればよいのだろうか。
 中川氏:そうですね。資料は十分出来ていると思いますのでどうまとめていくか
     ですね。
 上野氏:今年発表された新PGLのITCプロセスを参考にしてみたらいかがでしょ
     う。
     えーと、ITCプロセスではIT戦略企画書でIT化のテーマを取り上げ、
     IT戦略実行計画書として、後続フェーズの実施方針を作成しています。
 山田氏:来週の会議用としてはIT戦略企画書で良さそうです。順番に項目を整理
     してみましょうか。
 中川氏:まず、経営戦略との関係を抑える必要がありますね。
 山田氏:そう、経営戦略との整合性。そのためには、IT戦略テーマに対する
     「経営課題と解決テーマ」、IT化すべき領域の記述としての「IT領域
     戦略課題」が必要だし、結論としての「IT戦略テーマと方針」を最初に
     まとめたいね。
 中川氏:なるほど、結論を先に書いて、その後に裏づけを記述すると言うこと
     ですね。
     そうすると、解決テーマの裏づけとして、IT環境に対する世の中の流れ
     とも合致していることをサマリーしましょう。「IT動向と先進事例」辺
     りでいかがでしょう。
 上野氏:外的IT環境の裏づけが記述されたら、内部のIT環境ですから、先日討議
     した「現行とあるべきビジネスプロセスモデルのギャップ分析」を記述
     しましょう。プロセス改革のためのIT戦略の基礎データですね。
 山田氏:そうすると、次期システムが見えてくる。「IT化ビジョンと次期シス
     テム」を項目として時期システムイメージを記述しよう。
     詳細項目は・・・
 上野氏:それはCOBITの7つの基準から導いた「IT化の目的と達成目標」で
     しょう。
 中川氏:俺にも少し発言させてよ。システムイメージとしては、新しいIT環境を
     反映した「新業務プロセスイメージ」とIT 動向を反映した「新IT環境
     イメージ」が必要ですね。
 山田氏:イメージでよいのかな?
 私  :調達フェーズのITベンダーからの提案の選定に基づき、最終的な次期
     システムが確定されますので、ここではイメージと言ってもよいで
     しょう。
 山田氏:ここでのイメージと言っているのは、私どもでは・・・・(案)という
     感じですね。調達フェーズを通して詳細に確定されていくことになる
     ということですね。
    その後の項目は「IT化ビジョンと次期システム」の具体化としての「新IT
    システムのプロジェクトと優先順位」、「ITシステム導入スケジュー
    ル」、「推進組織体制」を記述すれば実施イメージがつかめますね。
    それぞれの詳細項目は、えーと・・・
 上野氏:「新ITシステムのプロジェクトと優先順位」では全社システムでいくつ
    かのプロジェクトが計画されますので「プロジェクトの目的と要件の
    定義」、「プロジェクトの優先順位」でしょう。「ITシステム導入スケジ
    ュール」には「全体概要スケジュール」、「プロジェクト別概要スケジュ
    ール」、「要員/資源調達/資金計画」の項目を記述すればよいでしょう。
 中川氏:「推進組織体制」では「プロジェクト実施体制」と「プロジェクト 
    モニタリング体制」辺りですか。
 山田氏:それでよいでしょう。最後に「投資対効果」として、「ITシステム投資
    (一時費用、運用費用)」と「ITシステム効果」を記述して、IT戦略企画
    書としましょう。

  ・・・・・・・(作業)

 私  :どうやらIT戦略企画書が出来上がりましたね。
     山田さんの役割はここまでの様ですが、後続のプロジェクト推進メンバ
     ーへこの企画書を後続フェーズで具体的に実施するための実施方針を
     まとめた「IT戦略実行計画書」まで作成することが必要です。
 山田氏:そうですね。了解しました。漸く、このプロジェクトも1区切りつき
     ました。ご苦労様でした。打ち上げやりましょう。
 みんな:賛成!! 山田さんのおごりで。
 山田氏:いいですよ。喜んでご馳走させていただきます。

 第111回はここで終了します。
 今回は「IT戦略企画書」として、IT戦略企画書の構成を討議しました。
 今回で、山田氏、中川氏、上野氏を中心としたIT戦略策定プロジェクトは終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする