ビジネスモデルの作成インフルエンスダイアグラムその2

今日は策定した「IT販売・サービス事業」の事業施策をビジネスモデルとして
確認するインフルエンスダイアグラムの作成の論議に入っています。サーバーや
ネットワーク機器販売する事業の「IT販売・サービス事業」のバランススコア
カードで展開した施策が検討対象になってます。

中川氏:営業課長の立場として申しますと、この事業のインフルエンスダイアグ
ラムの開始点である事業価値は売上高になるのですが、それで良いです
か?
山田氏:大阪事業部として会社から求められているものは売上もあるけど、利益
の方に重点が置かれてます。
上野氏:事業価値は通常、既存事業の場合は企業の生き残りのビジネスとなるの
で「利益高」となり、新規事業の場合は顧客認知度や実績作りが必要な
ので利益を見込むより「売上高」で考えていくということとメルマガの
知識編で勉強しませんでしたか?
私  :上野さんの考え方でよいですね。この事業は既存事業の強化ですので
事業価値を「利益高」としましょう。
中川氏:了解。まず、販売フェーズの施策とコアコンピタンスをバランススコア
カードで展開した内部業務プロセスの視点と学習と成長の視点から拾っ
て見ましょう。
えーと、施策には「2WayWeb取引コミュニケーションシステム
構築」、「営業情報共有システム強化」、「顧客資産管理システム
構築」などがありコアコンピタンスで「ユーザー会」、「技術相談
窓口」があります。
利益という事業価値が上がると、コアコンピタンスを活かして実施する
経営施策がビジネス上、好影響を与えるかを確認するということです
ね。
(注) 「2WayWeb取引コミュニケーションシステム構築」:顧客の
技術相談、取引上のQ/AをWebを使って双方向で行うシステム
構築の施策
私  :そうですね。
中川氏:「営業情報共有システム強化」は影響因子として、「顧客の課題を良く
掴める」→「より良い改善案の提案」→「顧客の了解が得られやすく
なる」→「受注が増加する」につながります。コアコンピタンスの
「ユーザー会」や「技術相談窓口」はこの施策の基盤になっています。
上野氏:「2wayweb取引コミュニケーションシステム構築」の施策は影響
因子として、「顧客の業務生産性が上がる」→「顧客の信頼が高まる」
→「顧客の了解が得られやすくなる」→「受注が増加する」と続きます
ね。この施策のコアコンピタンスは「技術相談窓口」があるから出来ると
いえます。
山田氏:「受注が増加する」のメタフレーム影響因子に届いたら、実装(製造)
フェーズの展開で「IT導入体制の強化」や「契約社員のITスキル
確保」へ繋がることになるのか。
上野氏:「IT導入体制の強化」の施策は「ITスキル要員が増大できる」し、
「契約社員のITスキル確保」は「実装の量的対応体制ができる」の影響
因子を導きます。この両方の影響因子は「システムの成功裡の導入」の
メタフレーム影響因子を導きます。
山田氏:「システムの成功裡の導入」が出来れば、当方は「コストが下がる」
し、お客様は「満足度が上がる」→「売上が上がる」の影響因子になら
ないかな。
私  :それで、「利益高向上」という事業価値へ繋がり、事業サイクルが概ね
出来てます。
山田氏:よし! 他の残っている施策もこの流れで当てはめれば完成だ!
・・・・・・(作業継続)
私  :新規事業の「ERP構築事業」事業は事業価値が[売上高向上]になりま
す。   OKですか?
上野氏:了解です。実績作りが中心なので、実績が出来るまでは「利益高
向上」にはならないということですね。
・・・・・・・(作業継続)

どうやら、既存事業の「IT販売・サービス事業」と新規事業のインフルエンス
ダイアグラムが出来上がりそうです。第96回はここで終了します。
今回は事業のインフルエンス記述の作業討議でした。
次回は、戦略マップで経営施策として作成され、インフルエンスダイアグラムで
確認された事業施策の業務管理指標化を行います。「経営管理指標の作成 指標
の作成原則」としてその課題を取り上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする