BCPの運営概要

BCP/BCMの目標が「MTO」、「RTO」、「RPO」に対して設定されることは前回で述べ ました。

この目標に対してBCPは“どのような活動を文書化するのか”が本日のテーマです。

BCPではその実施サイクルを「事業を理解する」、「BCPの準備、事前対策を検討 する」、「BCPを策定する」、「BCP文化を定着させる」、「BCPの診断、維持・更新 を行う」の5つのステップで整理しています。

◆ステップ1:「事業を理解する」とは、自社の中核事業(製品やサービス)、災害発生時の復旧までに許容される期限(期日、納期)、重要業務に大きな影響を与える災害等を把握します。

◆ステップ2:「BCPの準備、事前対策を検討する」とは、中核事業を継続・復旧させるための準備と事前対策を作成します。

◆ステップ3:「BCPを策定する」とは、緊急事態発生時において、中核事業から優先的に対応し、目標復旧時間内に回復させるための手順であるBCPの策定とその発動基準、体制を整理すします。
発動基準とは災害が発生した時に作成したBCPを実行する判断基準です。軽微な被害でもBCP実施という愚行をなくすための基準でもあります。

◆ステップ4:「BCP文化を定着させる」とは、緊急事態発生時に、従業員がBCPを有効に活用できるようにするために、BCP運用に対する経営者の前向きな姿勢とBCPに関する訓練や教育が積極的に行われ、「BCP文化」を構築しておくことです。

◆ステップ5:「BCPの診断、維持・更新を行う」とは、BCPが中核事業の復旧継続に有効に機能するように会社に関する情報の最新化とBCP運用体制の見直し、事前対策費用等の確保を行うことです。

以上の5つのステップでBCPを改善・維持することで、災害時の発動に備えます。
BCPの文書化とは、5つのステップに対する文書を整備することになります。

今回はここで終わります。
次回は、「各国と各省庁BCPガイドラインの特徴」を取り上げます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク