BCP事前対策の検討概要

BCPサイクルの継続運用ステップの1stフェーズ「事業を理解する」を終えると、2ndフェーズ「BCPの準備、事前対策を検討する」に入ります。
このフェーズの目的は、「中核事業を継続・復旧させるための準備と事前対策を作成する。」ことです。
つまり、
◆BCP発動時のボトルネック資源の代替案を作成する
◆ボトルネック資源が被害を受けないための事前の対策を作る
ことです。

この目的に沿って実施する作業ステップを述べておきます。

作業1:事業継続のための代替案の特定と選択をする
緊急事態発生時に、中核事業の継続においてボトルネックとなる必要資源(人、物、 金、情報等)や代替資源を確保する方法や手段を事前に検討し、把握することが 必要です。
重要資産、施設、従業員、資金調達、通信手段・各種インフラ等多くの検討事項があります。

作業2:BCPの準備、事前対策を検討する
これまでの分析結果を踏まえて、目標復旧時間内に事業を復旧できるようにするための事前対策を検討します。事前対策には「ソフトウエア対策」と「ハードウエア対策」があります。
ソフトウエア対策とは、避難計画や事前教育等のマニュアル作りや意識づけの対策を言います。ハードウエア対策とは、施設や設備など投資が必要な対策です。
作業1の「事業継続のための代替案の特定と選択をする」での作業順序は、作業連絡の拠点となる場所の確保」⇒「被災した重要施設・設備の代替確保」⇒「従業員の確保」⇒「資金調達の方針」⇒「通信手段・各種インフラの代替方針」⇒「情報のバックアップ方針」の順に作業を進めることになります。

作業2の「BCPの準備、事前対策を検討する」では、2つの作業を実施します。
「ボトルネックであるすべての資源を災害から保護または代替する準備再策を策定する」⇒「ボトルネック対策の優先度付をする」の順にBCP対策を検討し、策定していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする