経営戦略策定の考え方

企業が経営戦略を立案するのは、同業他社に対する競争優位を保ち、収益を上げ経営ビジョンを確立することであった。そのためには、“競争優位性を保ち、収益を上げるような経営戦略はどんな考え方のもとに立案すれば良いのか”の考え方の基礎を明確にしなくてはならない。これが本節のテーマである。

収益を上げるために、多くの新製品を作り、販売店や営業要員を増やし、生産体制を強化して原価を低減する等があるが、それらの戦略が社会や市場に受け入れられ、且つ企業の収益を向上させる経営戦略とならなければならない。そのための経営戦略を策定するために必要な考え方(すなわち、原則)がITC ガイドラインによれば、9つあるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする