経営成熟度とは

経営戦略は経営活動の観点から見ると競争優位のための方策づくりである。方策には組織活動としての企業機能や経営資源(ひと、もの、かね)が関与することで機能する。経営目標を達成するにはこの企業機能を有効に活動できる社員や組織の能力が必要となる。

その能力には、人に能力レベルがあるように経営成熟度にも経営成熟度レベルがある。この能力を高めないと、策定した経営戦略を実施できないことにもなりかねない。

日本経営品質賞委員会の資料を参照すると、この成熟度を6段階に分類している。
「存在しない」、「初期」、「反復実施」、「定義された」、「管理された」、「最適化した」の6段階を定義し、それぞれを成熟度レベル0,1,2,3,4,5に対応付けている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする