成熟度レベル1「初期」

組織は経営課題に対する必要性を認識しているが、標準の業務プロセスは無いが、必要に応じて個別に対応している段階である。

たとえば、セキュリティのためのIDやパスワードの提供に関し、組織的な仕組みが無く情報漏洩が起こって初めて、大騒ぎして探し、対処している組織はこのレベルである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする