成熟度レベル5「最適化した」

経営改善のフィードバックループが継続的になされている組織状態である。

たとえば、トヨタのカンバン方式での改善提案は年間60 万件があり、採用比率は95%(8/26/’03 日経産)と聞く。

95%の提出改善の対策が実施されていることになる。

このような状態は個々人が改善のフィードバックループを実践できる能力を持ち、組織の学習能力を高める文化が存在していることになる。

このようなベストプラクティス状態を成熟度レベル5という。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする