5つの競争要因分析

バリューチェーン分析と並んでマイケル・E・ポーターが提唱したもう1つの分析手法である「5つの競争要因分析」を取り上げよう。
この分析の基本は“なぜ、競争環境ができるのか”が原点にあり、業界環境を中心とした外部環境の分析である。

ポーターは競争環境をつくる要因には5つの要因があると指摘した。
それらの要因は「既存競合者同士の敵対関係」、「新規参入の脅威」、「代替製品・代替サービスの脅威」、「買い手の交渉力」、「供給者の支配力」の5つである。この5つの要因が競争環境を強くもし、弱くもすると言うわけである。