「既存競合者同士の敵対関係」とは

競合者の関係である。競争者が多い環境では競合者間でのコスト、品質、納期などの差別化が強化され、厳しい競合関係を作り上げる。
この競合関係は競合環境としての結果として生じるものであり、この環境を創り上げる要因が存在する。これらの要因が他の4つの要因と言うわけである。
たとえば、この業界に新しく参入する企業が多いと競合者は増大することになる。
この要因を「新規参入の脅威」という。