「供給者の支配力」とは

自社と仕入先との関係である。
メーカーから商品を仕入れる場合に、仕切値がメーカー主導で決定される環境、すなわちメーカーの力が強く、販売店がメーカー提示の仕切値をそのまま受け入れざるを得ない状況にある販売店側の業界である。供給者に対する仕入の主導権の可否が競合激化の要因となる。

以上の要因は5つの要因の 1 つである「既存競合者同志の敵対関係」をさらに高めていく要因となる。これらの競争要因は多くの業界で見受けられるし、良く理解できると思ことと思う。
さて、“どうすればこの競争環境から抜け出して高収益を上げる企業になるのだろうか?”という問い掛けが出ると思う。