個人情報保護罰則規程

個人情報保護罰則規程

第1章 総則

(目的)

第1条 本規程は、個人情報保護に関する当社のコンプライアンス・プログラムを、従業員が違反した場合の罰則手続等について定める。

第2章 手続

(報告義務)

第2条 部門の個人情報責任者は、従業員の個人情報保護に関する不正行為、もしくは不正の疑いを発見した場合、速やかに部門長へ報告すること。

② 部門長は、個人情報責任者の報告に基づき、事実確認をした上で個人情報保護管理者へ報告すること。

(個人情報保護管理者の責務)

第3条 個人情報保護管理者は、不正行為の内容について次の確認作業を行い懲罰記録簿に記載すること。

1.不正行為の発生が従業員の故意によるもの、または過失によるものの内容

2.不正行為の具体的内容

3.不正行為による影響の範囲

② 個人情報保護管理者は、不正行為の事実確認結果を代表取締役社長へ報告すること。

(処分の付議・決定)

第4条 代表取締役社長は取締役会に不正行為者の処分等について付議すること。

② 代表取締役社長は、取締役会前に不正行為者の処分についての弁護士の判断または見解を取り付けておくこと。

③ 不正行為者の処分内容は、当社就業規則第○○条によるものとする。

(処分の通知)

第5条 代表取締役社長は、取締役会で処分内容を決定後、不正行為者に対してその処分について書面で通知すること。

(始末書の提出)

第6条 不正行為者は処分決定後、速やかに代表取締役社長宛に始末書を提出すること。

(是正処置)

第7条 不正行為者の所属部門長は、個人情報責任者とともに部門内の是正処置を実施すること。

② 部門内の是正処置が完了次第、部門長は個人情報保護管理者及び代表取締役社長へ是正報告書を提出すること。

附則

平成  年  月  日 施行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする